カテゴリー別アーカイブ: 派遣薬剤師

薬剤師派遣で働くには

薬剤師就職、転職情報を上手に入手する方法

 

昨今は薬剤師という資格を所有するたくさんの方が、育児中も薬剤師の資格を大いに生かして、アルバイトで働いて家計を助けているのだそうです。 不況であっても結構良い給与の職にされ、いつも求人され続けているうらやましい薬剤師の年収に関しては、2013年においての平均年収で約500~600万円ほどということであります。 「薬剤師を続けてきたキャリアは負けないくらい長いから」ということだけを理由に、転職を機に年収を増額させたいと考えているなら、現状の仕事場で必死でがんばるのが賢明です。 高待遇・好条件の薬剤師求人がとても多くなってくることが1月以降の時期の傾向です。最も望ましい求人に行き当たるためには後手に回らない転職活動を始めることは不可欠といえます。 まさしく今でもサラリーに満足できない薬剤師が多数いるといえるようですが、今以上に下がってしまうだろうと思い、早め早めに転職を望む薬剤師は非常に多くなってきています。 薬剤師派遣のメリットは好条件の求人紹介が豊富な事ですよね!

インターネットの薬剤師を専門とした求人サイトをチェックしたことがない場合、なるべく使ってみましょう。そのほうがスピーディーに転職活動を行っていくことができちゃうでしょう。 単発、短期の薬剤師の仕事探しに役立つ薬剤師派遣単発で好条件求人探し 男性ではやりがい重視の方は少なくなく、女性の場合ですと不満は上司に対するものが多数あるようです。男性にとっては仕事の中身が大切で女性は環境面を気にするのが薬剤師の転職について良く見られる傾向なことは明確なことです。 「未経験者の場合でも問題なしの求人がいい」「引越し先から近い場所で探したいのだけど」などいろいろな、希望条件から、プロのコンサルタントがこれならという薬剤師求人をリサーチしてお届けします。 1月を過ぎた頃は薬剤師さんにとって、賞与をもらったら転職をと決めていろいろ動き始める方、キリの良い新年度にするように、転職をイメージする方の数が多くなるシーズンです。 薬剤師さんがドラッグストアというところで職務に当たる際、薬の仕入れ注文、さらには管理業務は当然ながら、調剤し投薬するところまでも背負わされる状態になることもあります。

病院によっては、夜間勤務の薬剤師も必須らしいです。このほか、夜間まで営業しているドラッグストアなども夜中に働ける薬剤師のアルバイト人員を募っているそうです。 過去には、看護師とか薬剤師に関しては職に困ることはありませんでしたが、今から先は就職には不利な状態に変化していきます。薬剤師資格保有者の大幅な増大、医療費削減という面から、給料の賃下げなどが列挙できます。 医療分業の仕組みにより、調剤薬局のお店の数は、コンビニを上回ると言われております。調剤薬局の事務としての技能に関しましては全国で活かせるものなので、再就職するにも生涯の仕事の技能として生かせます。 今ではさっさと転職を成功させられるものではありませんから、一体何を最優先にしていくべきかを考慮し、薬剤師の転職も如才なく当たる必要があります。 長時間の拘束がなしに稼ぐことが可能な薬剤師のアルバイトというのは、かなり時給の高さが気に入っています。私はちょうど希望通りの高い時給で仕事ができる職場のアルバイトを見つけられました。

薬剤師派遣会社への登録

ここまで読まれて派遣薬剤師として働く事を決めた薬剤師さんもいると思います。 それでは派遣薬剤として働く為のは派遣会社から仕事を紹介していただければいけませんよね! 派遣として薬剤師の仕事を紹介していただく為にまずしなければいけない事が薬剤師派遣会社への登録と雇用契約を結ぶ必要が有ります。   派遣薬剤師として働く場合、薬剤師派遣会社をどの会社にするかが重要になってきます。なぜなら雇用契約を結ぶのが薬剤師派遣会社になるからです。 正社員やアルバイトも場合、雇用契約は働く会社や企業と直接雇用契約を結びます、しかし派遣の形態はまず派遣会社と雇用契約を結ぶ事ではじめて派遣会社から仕事を紹介していただけます。 派遣会社での仕事の流れは簡単書けばこの様な感じです。 ココで問題は薬剤師派遣会社選びです、派遣薬剤師で働く場合これが一番重要な所です。 信用出来る薬剤師派遣会社を選ぶ必要が有りますが派遣会社の登録ははじめての人が多いと思います。まずは薬剤師派遣会社紹介サイトである程度の情報を入手して方2,3社に登録してみてはいかがですか? 派遣会社ごとに得意地域や得意分野が有ります、待遇や求人なども同じでは有りません、自分が働きたい分野の求人が多い所や自分が働きたい地域の求人が多い薬剤派遣会社を選ぶ事、それと契約内容なども良く聞かなければいけませんよね、その為にも1社だけを見るのではなく2,3社に登録して詳しい内容を聞く事をおすすめします。登録はまだ雇用契約ではないのですぐに他に代わる事が可能です。 登録することでそこの薬剤師派遣会社の内容を詳しく説明してくれるので自分で見極める為には登録する必要は有ると思います。 求人数や評判の良い薬剤師派遣会社を2,3社選べば良いと思います。

派遣薬剤師のメリット

派遣薬剤師が最近注目されているのか?

普通の派遣社員と決定的な違いは薬剤師資格と言う国家資格が有る事です。

派遣はいつ契約が切られるかも知れませが薬剤師派遣は余り途中での契約打ち切るがない職業です。薬剤師自体が不足気味なので企業や病院ドラッグストアなども薬剤師さんの確保に懸命です。その為薬剤師さんは派遣でも比較的安定しています。

派遣薬剤師のメリットですが働く条件を限定できることが大きいと思います。週に1日だけ働くとか残業はなし、週末は休みなどこちらの都合に合う仕事を紹介してくれる事ですね!

条件が絶対に通るとは限りませんが派遣会社が交渉してくれるので好条件で仕事が出来る事は多いです。

また最近の傾向では薬剤師のパートやアルバイトの時給より高い傾向が有ります、これはフルタイムの薬剤師さんのも言える事ですが派遣薬剤師の給料が高い傾向に有ります。

派遣薬剤師と正社員薬剤師の違い

派遣薬剤師とは

派遣会社に登録をした薬剤師さんが派遣会社を通して仕事をする形態の働き方です。

一方、正社員薬剤師とは

書くまでもなく薬剤師資格の所持者が企業や病院、薬局、ドラッグストアなどに直接正社員として就職することです。

当たり前のことですが採用方法に大きな違いがあり根本の仕事内容はそれ程違いませんが働き方は双方で少し違います。

福利厚生などの違うので注意が必要です。

派遣薬剤師の場合、ほとんどが派遣会社の福利厚生が適用されます、一方正社員薬剤師は職場の福利厚生が適用されます。

福利厚生にこだわるのであれば正社員薬剤師を選ぶ方が無難かも知れません。

またこれは最近の傾向ですが派遣薬剤師の方が給料や時給が高いケースが増えています。

これは薬剤師さんが不足している地域に多くみられる傾向ですのでどの地域でも当てはまるものでは有りませんが給料、時給だけを見れば多いケースが有ります、しかし福利厚生などを考えるとどちらが良いかはその人の働き方、考え方次第だと思います。

派遣のイメージは世間ではあまり良くないようですが薬剤師さんの中には正社員で働くのが疲れたと派遣で気楽に薬剤師の仕事をする方も増えているそうです。